給湯器の寿命は突然やってくる!

給湯器の交換は突然訪れるから厄介ですよね!夏はともかく、冬の寒い日にお風呂に入れないのは最悪です!!でも慌てないでくださいっ。段取り良く行えば最短で即日取り替えが可能ですよ。 給湯器が壊れたときの応急処置から対処法まで解説します。

*

給湯器 修理してもダメな場合がある

   

給湯器が故障した場合、修理すれば直るときと、もう直らないときが
あるみたいです。何で決まるかというと、給湯器の製造年月日が大きく
影響しているみたいですね。

給湯器は毎年新しい機種が登場しているので、
古いものはどんどん製造しなくなっていくのですが、
このサイクルが思っている以上に早いみたいです。

例えば、7年とかで部品の保管が終了されたりします。
これは設置して7年という意味じゃなく、その製品がつくられてから
7年くらいでという意味です。つまり、今自宅についてる給湯器が
メーカー在庫になっていたものだったりすると、製造してから
数年たっているかもしれませんよね?そうなると、設置してまだ
5年しかたっていないのに、修理する部品がないというケースが
あります。

直らないというのは、修理できないほど故障しているというんじゃなくて、
修理するための部品がない、というケースがあるってことです。
これは、機械製品にとって致命的ですよね。
この場合は新しいものに取り換えるしかありませんので、
交換する方向で話を進めていった方がイイと思います。

製造しているものかどうかについては、
各メーカーに問合せれば教えてくれるので、
給湯器の調子が悪いときに一度コールセンターに電話してみるといいと思います。

故障には2種類あって、全く原因のわからない場合と、
原因が特定できているときがありますよね。

 - 給湯器 故障 , ,