給湯器の寿命は突然やってくる!

給湯器の交換は突然訪れるから厄介ですよね!夏はともかく、冬の寒い日にお風呂に入れないのは最悪です!!でも慌てないでくださいっ。段取り良く行えば最短で即日取り替えが可能ですよ。 給湯器が壊れたときの応急処置から対処法まで解説します。

*

給湯器の設置場所 こんなところは費用が高くなる

   

給湯器の設置場所によって金額が高くなることがあります。
それはどんな場所か?

最高値は壁の高い位置に設置されているケースです。
例えば、2階くらいの高さだと地上3メートルくらいになりますが、
これだと一人での設置は無理です。一人が脚立の上に乗って、
もう一人が下から給湯器を手渡すという感じです。

つまり、2人分の人件費が掛かる工事になってしまいます。

給湯器の設置の場合、標準タイプの機種なら人件費は2万5千円から3万5千円です。

追い炊きならプラス5千円くらい、そして、エコジョーズならさらに追加
料金が発生しますし、床暖房や浴室暖房を使っている機種なら、
さらに高くなる、という感じです。

また、敷地や隣家との隙間が狭すぎて、給湯器を歩いて運べないような
場所でも2人の職人さんが必要です。この場合、2階のバルコニーからロープで
おろすというような作業をすることがあります。

このように設置場所によって取り付け費用が高くなることがあるので、
特殊な敷地に住んでいる方や、給湯の設置場所が、地上から高い場所に
ついているときは、取り付け業者さんに必ず伝えておいたほうが無難ですよ。
そうしないと、希望した日に取り付けができなかったり、
追加料金を請求されたりするかも知れません。

 - 給湯器の取り替え , ,