給湯器の寿命は突然やってくる!

給湯器の交換は突然訪れるから厄介ですよね!夏はともかく、冬の寒い日にお風呂に入れないのは最悪です!!でも慌てないでくださいっ。段取り良く行えば最短で即日取り替えが可能ですよ。 給湯器が壊れたときの応急処置から対処法まで解説します。

*

給湯器の故障 修理はケースバイケース

   

給湯器が故障したらどちらを選びますか?

修理か、それとも取り替えか。

修理で直るならそのまま使った方が安くつきそうな気がするんですが、
実はこれ、修理の方が結果的に高くつくことがあります。
費用を抑えようとして修理を選んだのに、結果的に高くなってしまったら、
意味ないですよね!こうならない為に、修理か取り替えかの判断基準を
決めておくと判断を誤りにくいです。

判断基準となるのは、給湯器の使用年数です。
これである程度正確な答えが導き出せます。

どういうことかと言いますと、
給湯器には寿命があるのでこの寿命から考えて
修理か取り替えかを決めるというやり方なら、
無駄な出費をしなくて済むといえるんじゃないかということです。

例えば、あと1年くらいで寿命の給湯器なら、
修理代に1万円以上払うのはもったいないと思いませんか?
だから寿命で修理か取り替えかを決めるやり方は、かなり
合理的な考え方だと言えるんです。

それに、給湯器の性能はどんどん進化しています。
将来的には主流となっていくはずのエコジョーズだと、
光熱費を最大で15%位節約できる計算です。

今の給湯器があと一年で壊れてしまうと仮定して、
残り一年を燃費の悪くなった給湯器で頑張るのか、
それとも、性能も光熱費も安くなった最新型の給湯器を使うか。

こうやって考えると、給湯器は頑張って修理しながら使うものだと
言う考えにはなりにくいと思います。壊れたら新しいものを購入する、
位の感覚でもいいんじゃないでしょうか?使い捨て、に近いのかもしれませんね。

ま、これが絶対と言うことではないし、修理して15年くらい使えている家庭も
実際にあります。どう考えるかは自由ですので、ここまで書いた内容は参考程度に
してくださいね。

 - 給湯器 故障 , ,