給湯器の寿命は突然やってくる!

給湯器の交換は突然訪れるから厄介ですよね!夏はともかく、冬の寒い日にお風呂に入れないのは最悪です!!でも慌てないでくださいっ。段取り良く行えば最短で即日取り替えが可能ですよ。 給湯器が壊れたときの応急処置から対処法まで解説します。

*

給湯器が壊れてほしくない曜日がある

   

給湯器が壊れると都合の悪い曜日というのがあります。

その曜日とはズバリ金曜日です。

何故金曜日なのかというと、理由はメーカ―が休みに入ってしまうからです。
給湯器の注文はメーカ―と直接取引して行うか、卸業者から購入するかのどちらかなんですが、
在庫元がお休みだったら仕方がないですよね!こればっかりはどうしようもできません。

これを回避するために大きな業者になると、良く出る機種はストックしているところもあります。
つまり、ストック対応機種なら、即取り替えが可能だということです。
その業者が24時間受付対応していれば、夜中でも早朝でも取り付けてくれるってわけです。
ま、そこまでやってくれる業者は少ないとしても、
金曜日の夕方に壊れると給湯器の在庫確認ができないし、発注もできないというリスクが
あると思います。もし給湯器の調子が悪いなら、平日に問題を解決しておいた方が
余裕があっていいんじゃないでしょうか。

さらにもう少し突っ込んだ話をすると、
床暖房や浴室暖房を使用している給湯器は注文生産品が多いです。
ですので、平日に問い合わせをしたとしても在庫がないことが多く、
発注から10日くらいかかってしまう事があります。
また、納期のかかる給湯器としては、マンションのPS内設置タイプにも
同じようなものがあります。最悪のケースだと発注後2週間もかかってしまうものがあるそうです。
この寒い時期に2週間もお湯が使えない時期があるなんて、
想像するだけでゾッとしますね。。。

これを避けるには、10年を目安に早めに取り換えておくというやり方しかないと思います。
すこしもったいない気がしますが、これも最悪のケースを考えるとしょうがないかと。

 - 給湯器 故障 , ,